資料請求

グランドTOP

教育方針

校長メッセージ

夢を見つけ、夢を叶えるために、
全力で取り組める環境が整っています。

本校は2001年、神戸学院大学附属高等学校に校名が変わり、男女共学となりました。創立当時の校訓「報恩感謝・自治勤労」と、生活訓「照顧脚下」の教えは、現在も変わることなく受け継がれています。この方針に基づき、「真に社会に役立つ人材の育成」に取り組み続け、2012年に創立100周年を迎えました。

そして次なる100年に向けた歩みを進める中、2016年に神戸学院大学のある神戸・ポートアイランドへ移転し、「高大連携」をさらに強化し、社会の変化に対応した新たな教育活動を展開しています。時代の変化に即した教育プログラムを擁し、緑と光であふれる本校の充実した教育環境の中で存分に勉学に励んでください。

「高校生活の間に本当にいろいろな体験ができる」「勉強する面白さを知った」「学ぼうと思えば、学べる環境がいつもある」と笑顔で語る生徒たちの声を聞くたび、本校独自の自由で明るい校風の中、このスクールガイドに掲げる「5つの学びのポイント」を基軸として、伸び伸びとした教育に取り組んでいることに誇りを感じます。

本校で、学習や部活動はもちろん、高校時代にしかできないさまざまなことに全力で取り組み、自分自身の未来を大いに拓きましょう。皆さんの前には限りない可能性が広がっています。

校長  西尾 勝

“発見”を通して個性と可能性を伸ばす Discovery5

夢を見つける発見がある。ミライにつながる発見がある。
神戸学院大学付属高等学校では、さまざまな角度からの体験によって、生徒一人ひとりの視野を広げ、
個性と可能性を育む教育プログラム「Dsicovery5」を柱とした取り組みを実施しています。

  1. 高大連携教育
  2. 教育の情報化
  3. きめ細やかな教育
  4. 国際的視野
  5. 社会との出会い

高大連携教育

近接する神戸学院大学で定期的に授業を実施。
広く専門的な学びを通して将来への意識を高めます。

大学での講義に参加し幅広い学問に触れる
本校における高大連携の魅力。それは高校時代から神戸学院大学の授業を受けることができる点です。たとえば、薬学部で「薬学への招待」などの専門科目を受講することが可能です。加えて、第2外国語や情報教育科目が受講できる予定です。
定期的に大学キャンパスで学習
大学キャンパスに近接している高校の新校舎。そのメリットを活かして、大学のキャンパスで学ぶ機会を設けています。大学生とともに学ぶことで、自身の将来について真剣に考え、目的意識を持って勉強に励むことができます。
大学生とともに探求活動にも参加
大学での授業に加えて、大きな魅力が「探究活動」です。理系や社会科学系の分野において、テーマに応じて学ぶほか、大学の研究室や研究機関、企業などを訪問して、そこで活躍する先輩方から直接、教えを受けることができます。
KPCキャンパスツアー

KPCキャンパスツアー

近接する神戸学院大学ポートアイランドキャンパス(KPC)への見学ツアーを1年次に行います。蔵書数110万冊以上を誇る圧巻の図書館や実際の裁判所さながらの法廷教室、大小さまざまな実験実習室などを見学します。大学生活を体感できるプログラムです。
神戸学院大学 学部紹介

神戸学院大学 学部紹介

多様な学部・学科を知り、将来への意識を高めるために、神戸学院大学での学部紹介を1・2年次に実施しています。1年次は、大学全体の説明を受けた後、理系・文系に分かれて学部・学科の特徴について説明を受けます。2年次には、希望する学部を3学部選択し、各学部のより詳しい特徴について説明を受けます。

高大連携授業内容例

  • 栄養学部|血栓と生活習慣病
  • 人文学部|東西のうどん出汁が異なる理由は海にあった
  • 法学部|江戸時代から見た法のかたち
  • 現代社会学部|データから見る教育と社会
  • 経営学部|会計のワールド
  • 経済学部|経済学を使って身近な問題を考えよう
  • 薬学部|鏡の世界自然の中の右と左
  • 経済学部|コンビニエンスストアのビジネスモデル
  • 総合リハビリテーション学部|作業療法・理学療法を知ろう
  • グローバル・コミュニケーション学部|英語で質問・応答するために必要なこと

教育の情報化

めまぐるしく変化する情報化社会に対応できるように、早くから情報活用力・実践的ITスキルの獲得に力を入れています。
授業はもちろん、学校生活全般にわたりICTを活用しています。

一人一台のiPadを活用
入学後すぐから一人一台のiPadを活用。学習だけでなく、時間管理や目標設定などもiPadを通じて行います。これにより、社会で正しく的確に使いこなせるスキルを養成します。また、PC教室に加えて貸出用ノートパソコンも準備。用途に応じて使い分け、さまざまな場面で活用します。
全館にWi-Fi(無線LAN)を導入
校舎全館の各所にアクセスポイントを設置し、いつでもどこでもWi-Fi(無線LAN)が利用できる環境を整えています。iPadの活用は、授業の予習・復習や課題の提出でアプリや動画を使うなどさまざま。快適なネットワーク環境で学校生活全般をサポートします。
生徒の98%がP検3級を取得
ITスキルの指針としてICTプロフィシエンシー検定試験(P検)3級の取得を目指しています。その結果、生徒の98%が合格しました。また、準2級では85名、2級でも2名が合格しました。(2015年度実績)
※3級は、社会人となった時に要求されるICT活用スキルを有するレベルです。

毎日パソコン入力コンクール

2015年度

  • 学校の部…9年連続 全国1位
  • 個人の部…6名が全国大会で上位入賞

MOS(Microsoft Office Specialist)

2015年度

  • MOS世界学生大会2016日本代表選考会…第2位(エクセル部門)

神戸学院大学 経営学部
大塚 由唯さん
2016年 特別進学文理コース卒業(神戸市立湊翔楠中学校 出身)

※エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明する資格です。
大塚さんは、Excel2013のエキスパートレベル(上級)に満点で合格し、日本代表の最終選考に進みました。

きめ細やかな教育

上位校への進学を意識したコースをはじめとして、
「めざしたい将来」に応じた、きめ細かなコース設計で生徒一人ひとりの夢を応援します。

志望進路から選べる4コース
国公立をはじめとする難関大学への進学をめざす「特進サイエンス(理数)コース」「特進アカデミック(文理)コース」、将来のグローバルリーダーを育てる「特進グローバルコース」、勉強と課外活動の両立をめざす「総合進学コース」を設置。一人ひとりの進路希望に対応したコースを用意しています。

速読トレーニングで学習能力を鍛える
全コースでiPadを用いた速読トレーニングを、希望者を対象に行っています。脳の処理スピードを高め、文章を速く読めるよう鍛えることで、集中力や思考力、記憶力、理解力を向上させます。
早朝学習
毎朝、1限の授業がはじまる前に10分間の早朝学習を実施。日替わりで科目を設定しています。朝から集中する時間を設けることで、1日の授業をスムーズに、効果的に受講できる学習習慣を確立します。
土曜日・夏季休業 開講講座
土曜日や夏季休業中に英語や数学、化学などの特別授業を開講します。受験対策や苦手科目の克服など、取り組む生徒たちの目的はさまざま。生徒のやる気に応える学習機会を設けています。

国際的視野

語学留学を中心にして、生徒全員が海外を経験できる機会を設定。
将来、世界を舞台に活躍するグローバルリーダーを育成します。

英語集中講座など充実した語学教育
世界において自らの意思を正しく伝えられる英語力の習得。それが、本校がめざす語学教育です。イギリスのオックスフォード大学やケンブリッジ大学から派遣された学生による英語集中講座を実施し、世界で通用する語学力を養成します。
長期から短期まで多彩な留学プログラム
特進グローバルコースでは、1~3ヶ月にわたる海外留学を中心に、長期から短期までの留学プログラムを通して、語学力の養成のみにとどまらず、海外の文化や価値観などを学ぶ機会を提供しています。(他のコースでも希望があれば可能です。)
海外留学生とともに学ぶ教育環境
海外からの留学生を積極的に受け入れることで、日常生活において英会話を自然に行える環境づくりを図っていきます。また、神戸学院大学のグローバル・コミュニケーション学部の授業に参加することで、語学に対する興味を高めていきます。

社会との出会い

社会との結びつきを学ぶ多彩なカリキュラムを展開。
「グローバルゼミ」「探究活動」を定期的に開催して、気づきの場を提供しています。

社会の実際を学ぶ
「グローバルゼミ」を定期的に開催
自らの将来に対する自覚を促す場、それが「グローバルゼミ」です。社会で活躍する研究者や企業人などを招き、自らの体験を語っていただくことで、社会で飛躍するきっかけを提供。卒業後の進路、将来の目標に対する意欲をさらに高めていきます。
将来の活躍の場を知る「探究活動」
『総合的な学習の時間』を使って、実社会との結びつきを学び、進路や夢を具体化していくための取り組みを行っています。2016年度は[自然科学演習][ミュージカル][福祉を学び心を育もう][グローバル&キャリア][環境と防災を考える]の5テーマを実施。将来、活躍をめざす場に触れることで、成長の気づきを提供します。
Jリーグヴィッセル神戸U-18(ユース)
選手の学業をサポート
本校では、大学とともにJリーグ「ヴィッセル神戸」とパートナーシップを結んでおり、ユース選手(18歳以下)を対象に、プロ選手としての活動と学業との両立を実現できるようサポートを行っています。また、ヴィッセル神戸のコーチによる、本校サッカー部の指導も実施しています。

ページの先頭へ

  • イベント申し込み
  • 資料請求

神戸学院大学附属高等学校

資料請求

CLOSE